ワークフローを活用すれば業務効率が飛躍的にアップ

簡単操作で効率よく

説明

電気申請図面作成に関して悩む担当者は多いといいますが、最近ではそんな悩みを解決するようなCADソフトが登場しているといいます。簡単でシンプルな操作性のため、パソコン初心者にも好評です。

More Detail

手間を省いて問題解決

会社

ビジネスツールとして急速に浸透しているものにグループウェアがあります。グループウェアの中でも特にワークフローを活用することで企業にはさまざまなメリットがもたらされるといいます。ワークフローでは、これまで面倒だった申請や届け出に関するあらゆる手間を省き問題を解決します。業務の流れを可視化することで、より効率的に改善することができるのです。紙ベースでの稟議書やさまざまな申請書にはどうしても時間がかかってしまいます。しかし、ワークフローでは、確認も簡単で、進捗管理も簡単にスピーディーに行うことができます。また、従来のように紙で申請をしていた場合は、その後に書類を管理したり、パソコンに取り込んでPDF化して保存したりと手間もコストもかかっていました。しかし、ワークフローであればペーパーレス化が実現します。
例えば製造メーカーでは、さまざまな申請をワークフロー化することで、製造から納品までスピーディーに対応できるようになったといいます。製造メーカーであれば、工場や営業所など全国に拠点がありますが、会社全体でグループウェアを導入する前には、メールや電話などでやりとりしていて、情報を共有する時間がかかってしまうことが問題でした。グループウェアのワークフローを利用すれば、出張先や外出先からでも簡単に申請できます。担当者や決裁者が不在でも、スムーズに申請したりやりとりすることが可能になったのです。このように使いやすいワークフローシステムが充実しているグループウェアを活用すれば、情報が可視化され一元管理されるので、さまざまな無駄を省くことができます。複雑な書類申請にかかる時間を短縮して本来の業務に集中することができるはずです。

効果的に配信しよう

パソコンを触る人

プッシュ通知の有無でアプリの利用率が大きく異なるという実証データが出ているといいます。数多くのアプリをダウンロードしても、日常的に使用するアプリは限られてきます。プッシュ通知を活用して呼び込みましょう。

More Detail

知識を深めよう

硬貨と電卓

連結決算をスムーズに進めるためには、知識やスキルが必要です。会計のスペシャリストによるセミナーに参加して、スキルアップを図りましょう。連結会計システムを活用して、効率よく作業を行うこともおすすめです。

More Detail