ワークフローを活用すれば業務効率が飛躍的にアップ

知識を深めよう

硬貨と電卓

連結決算の担当者になった場合は、連結会計について学ぶ必要があるでしょう。連結会計の基礎知識やノウハウを学べるセミナーなども開催されていますので、まずは参加することをおすすめします。初心者にとっては即戦力となるような人材育成を期待できますし、経理担当者なども、セミナーで専門知識を深く習得することで、よりスキルアップを狙うことができます。セミナーに参加すれば、連結会計の基礎も学べますし、連結合算仕訳や連結修正仕訳などもより詳細に理解することができるはずです。さらに実務では演習を行うことで、実践的な学習を進めることができます。セミナーでは、経験が豊富な公認会計士や税理士などのスペシャリストが講師であれば、安心です。プロフェッショナルな視点からさまざまなアドバイスを受けることができるからです。体系的に連結会計について学習し、演習を繰り返すことで、確実にスキルアップを目指すことができるでしょう。しかし、連結会計制度は、改正が多いことで知られています。そのため、その会計基準を毎回毎回正確に理解して作業していくことは、たいへん難しい現状ともいえます。連結決算をスムーズに進めるためには、連結会計システムを導入して利用することもおすすめします。連結会計のソフトはさまざまなものが登場していますが、一般的な会計ソフトとは異なるので注意しましょう。会計ソフトを使用して作ったデータを元にしながら、連結会計ソフトを使って連結決算の書類を作成する流れとなります。